ナースマンの日常

子育てに奮闘中の男性看護師が集中治療で働く日常を綴ります

【救急外来】で働き始めた私が思うERとICUの違い

こんにちわ、ヒカルです。

最近ERで仕事をすることが多いのでICUとの違いというか、気持ち的なものを書こうかと思います。

私は、新人から救命センターにいた訳ではないですが、配属先がまぁまぁの急性期だったので、救命センターに異動後もそんなに不安なく働いていました。

しかし、ERは全くの未知の世界。

私のところは3次救急を行っているので、重症外傷やら熱傷やら運ばれてきます。

ICUに入ってきちゃえば、忙しいながらもある程度時間を持ってできますし、慣れがあります。

しかし、ERはその時その時の判断が求められます。

今すぐ点滴をしなければならないのか、検査を進めてから治療に望むのかを医師だけでなく、看護師にも求められます。

この違いが、私にはすごく負担。

改めて、集中治療が合っているなぁと思いました。

どっちも忙しいんですが、その場その場で考えて判断し、行動することをずっとやっているとめちゃくちゃ疲れます。

疲労感半端ないです。

救命センターに配属された皆さんは、そのうち集中治療か救急外来のどちらも経験することがあるかもしれませんが、好みが分かれるかもしれないですね。

どっちも好きってなる人はよっぽどの物好きかと。。。笑

もちろんERでのやりがいも感じますよ。

運ばれてき重症な患者に、すぐに治療できるように点滴ラインを確保して、採血とって、タイミング見計らってレントゲンやCTを看護師が声かけて、医者の考えに看護師が付いていくってこの時が一番マッチするんじゃないかな。

いち早く患者の状態を安定させ、手術室に送ったり、心カテ室に送ったり、ICUに送ったりをできたときが一番やってやったなと感じます。

終わったあとに疲れがどっときますが。。。アドレナリンが出てんですね笑

でもやっぱり、私は呼吸器を考えたり、循環動態を考えて今適切な治療をできているか、リハビリの拡大のためにこうできないかを医師とディスカッションしていくことのほうが好きだなぁと改めて思いました。

今回は、自分の気持ちをただ言うだけのものになってしまいましたが、次からはなにか医療系を発信できればと思います。

では、また会いましょう(^_^)/

www.hikaru-nuresman.com
www.hikaru-nuresman.com
www.hikaru-nuresman.com