ナースマンの日常

子育てに奮闘中の男性看護師が集中治療で働く日常を綴ります

足が臭くなる理由と消臭効果があるおすすめの4つの方法

こんにちは、ヒカルです。

足ってなんで臭くなるのか?どうしたら匂いがとれるのか気になりますよね。

この記事を見ている人は多分自分の足の匂いが気になっている人、もしくは彼氏や彼女、旦那さんや奥さんの足の臭さをどうにかしたい人だと思います。今回、私が教えるのは、足の匂いが臭くなる原因とその原因を排除するための方法です。

私も看護師をしているので、朝から晩までナースシューズを履き走り回っています。みなさんも、仕事をしていると靴を脱ぐ機会はあまりないのかのと思います。

そして、仕事をしている時は何も感じていないでしょうが、一息ついた時、ふと感じる足のムレ。一度脱いでみるとモワッと香る足の匂いがとても不快になります。看護師をやっている私も、以前このような不快な匂いがとれず、足の匂いに困っていました。

なんて言ったって、看護師は女の職場と言われるほど女性が多いので、なぜか臭いに敏感なんですよね。簡単に足の臭いの犯人が特定されてしまいます。

そして、30歳を過ぎるとそのような悪臭は、私を「おじさん」という名に変換させてしまいます。

別におじさんなので構わないのだけれども、どうせならジェントルマンでいたい・・・家に帰っても、妻に臭いと言われる始末。このままでは、成長した娘にも嫌われてしまう。

そんな私は、足の臭いを解決すべく、いろいろなことを試してみたので、足の臭いで悩む人達に共有したいと思います。

      f:id:om1-h:20190920103125p:plain

はじめに

足が臭くなる理由とは?

臭いとは、細菌が発生していることで生じます。

普段、私達の体の表面にも悪さをしない細菌がたくさんいるのです。その細菌がたくさん発生することで臭いのもとになるのです。

キッチンの流しや湿っているところを放置していたりすると臭いが発生しますよね。それも、細菌が原因です。

細菌は湿気を好む

その細菌たちですが、皮膚の表面なんかにもいるわけなんですが、腕や手など露出している皮膚からは臭いはありません。

皮膚が湿っていたとしても、さっぱりするために水で洗ったり、乾燥していると細菌は繁殖しないのです。

つまり、靴を履いた足の状態は、風の通りがなくさっと洗うことがないので、常に湿気を含んだ状態になります。そのため、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

靴の中は細菌だらけ

先程申したとおり、足は細菌だらけです。その足が直接当たる靴にも細菌がたくさん住んでいます。

でも、みなさん靴って毎日洗わないですよね?毎日、天日干しなんかもしないですよね?なので、靴のなかの細菌はいつも元気いっぱいなわけなんです。

玄関の中やシューズクローゼットも匂うのは、靴に住み着いた最近が元気いっぱい繁殖しているからなのです。

消臭方法の紹介

まずは、清潔に

当たり前のことですが、お風呂に入りしっかり洗うことで殺菌効果は十分です。

そこに、プラスαとして、爪を切ったり、爪の間を清潔にしたり、角質を落としたり、靴をこまめに洗ったり、違う靴を履いたりするだけでも消臭効果は望めます。

私も気にしていましたが、一時的に消臭できても、臭いが再来してしまうんですね。なので、次の消臭方法を試してみました。

消臭効果があるおすすめの消臭方法

お酢で洗う

まず、自宅に必ず置いておるものでやってみました。料理に使うお酢です。お酢は、酸性でできています。

細菌は酸性が嫌いなので死滅したり、繁殖を防ぐことが出来るので、お風呂に入り、しっかりと足を洗った後に、少しのお酢を足に擦り込みます。

しかし、お酢自体がすっぱい臭いなので、逆にお酢の臭いが気になることもあるかもしれません。

靴などにもお酢と水を混ぜたものをスプレーするだけでも効果がありまが、先程も言ったとおり、お酢自体がすっぱい臭いなので、つけすぎないようにして下さい。

重曹につけてみる

重曹はスーパーなどで手に入れることができます。よく、キッチン周りのお掃除とかで紹介されますね。

重曹には殺菌作用はありません。

が、臭いのもととなるイソ吉草酸の臭いを中和してくれます。なので、重曹を入れたお風呂なんかに入ると臭い自体が和らぎます。

殺菌作用のあるお酢と合わせると効果があります。

ミョウバンを使ってみる

お酢と同じ効果があるのはミョウバンです。こちらも食品添加物の焼ミョウバンとしてスーパーやドラッグストアなんかで簡単に手に入ります。

ミョウバンにも殺菌作用があるので、水に溶かしてスプレーすることで殺菌の効果があり、消臭に役立ちます。

結果は

上記の方法を試した結果、確かに消臭されました。それでも、一時的だったのか、私の足の臭いが強烈すぎるのか、完全には途絶えることはありませんでした。

そこで、何か良いものはないかとネットで検索したところ、こんなものがあったので購入してみました。

グランズレメディという、ニュージランド発祥の消臭の粉です。

グランズレメディを使用してみた

これが4つ目の方法なのですが、これが一番効果的でした。初めは半信半疑で使用してみました。

粉を靴の中に振りかけるだけで大丈夫らしいのですが、殺菌や消臭はどんな機序かはわからず。とりあえず、一日仕事を終えたムレムレのナースシューズにかけて帰宅。

翌日、少し臭いが軽減されているが、なんとなくまだ臭いかな。

2日目、またもや仕事終わりに一振り粉をかけて帰宅。次の仕事で、目を、いや、鼻を疑うことが!

なんと、なにも臭わない!

靴に顔を近づけても臭わない。そして、その靴を履いて仕事を終えた足も臭くない。靴下は湿っているのに臭いはない。不思議な粉です。

しかし、これが私の足の人生を変えました。今まで来にして靴を脱ぐことがなかったのですが、今では全く気にすること無く脱ぐことができるのです。家に帰っても、妻に足が臭いと言われることもなくなりました。

まとめ

足の臭いは細菌が原因です。しっかりと足や靴を洗い、お手入れをすれば細菌の繁殖を防ぎ臭いの元がなくなります。

それでも、臭う人は、殺菌作用のあるお酢やミョウバン、消臭作用がある重曹を使ってみることはおすすめです。お安く手に入るものばかりで、とても効果的です。

しかし、仕事で忙しかったり、看護師のように不規則な仕事だと、毎日の日課に取り入れることが難しい人もいますね。

そんな人には、今回紹介したグランズレメディを使用してみるのもありかもしれません。

足の臭いは自分だけでなく、周りにも不快な思いをさせます。それを気にしてストレスを感じることもあるかもしれません。そんなストレスは、足の消臭をして解消していきましょう!

では、また会いましょう(^O^)/