ナースマンの日常

子育てに奮闘中の男性看護師が集中治療で働く日常を綴ります

緊急入院時の家族以外の面会できない3つの理由と面会方法

こんにちは、ヒカルです。

集中治療室で働いていると、家族以外のお見舞いって結構多いんですが、基本的に面会できないって知ってますか?

緊急で運ばれた患者さんや、集中治療室に入院する患者さんって生死に関わっていることが多く、家族のみの面会が基本です。

家族から入院したと連絡があったとか、仕事仲間とかであったとしても、面会に来た場合には病院側はお断りします。

なぜ面会がダメなのか、理由は大きく分けて3つあります。

f:id:om1-h:20190529012840p:plain

患者自身への配慮

重症な患者さんほど、色々な生命維持の機械をつけていることが多く、もしかしたら話すことができない状況かもしれません。

そんな状況のところに面会に来ても何もできません。

また、話せるとしても、循環動態(血圧や脈拍)が不安定な場合があり、面会によって循環動態が不安定になる可能性があります。

例えば、脳出血で入院しているとすると血圧が上がることで、さらなる出血を来す場合もあります。

家族側への配慮

家族としては、緊急で入院になったことで精神的に不安定となっています。

誰とも会いたくない人もいるでしょうし、患者さんの痛々しい姿を見られたくない人もいます。

入院したことを噂で聞いたとしても勝手に面会には来ず、ある程度日にちが経ってから家族に面会して良いかの確認をしてみて下さい。

病院側のルール

病院にはルールがあります。

家族以外の面会はお断りと言うルールがある以上、病院側はルールを破るわけには行きません

「せっかく遠いところから来たのに」や「ちょっとで良いから」と言われても、病院側としては知ったことではないです。

家族や患者さんのことを無視して面会させることはしません。

また、状況によっては、事故の加害者など関係ない人が謝罪に来ることもありますが、普通に考えて無理ですよね。

家族も会いたくないはずです。

保険屋さんを通して話し合い、無事に退院できてから謝罪しにいって下さい。

更には、世の中物騒なもんで、犯罪に絡んでいることもあります。

友人や仕事仲間と偽って、面会しようとする人もいます。病院側は、実際の関係を知らないので、間違って面会をさせて事件になってしまう可能性も考えているのです。

面会するにはどうしたら良いか

面会は基本的にはNGです。

それでも、集中治療室にいる時にどうしても面会したいという方は、まず家族に連絡して許可を取って下さい。

また、家族から病院側へ〇〇さんが面会に来ることを伝えてもらい、病院側が知っている状況を作って下さい。

そうしないと、はるばる病院に来ても帰されるだけです。

治療が順調に進み、無事に一般病棟に出られたならば、面会ができるようになります。それまでは、我慢することをおすすめします。

面会できたとしても

面会することができたとしても、ちゃんとした行動はとって下さい。

集中治療室にいる患者さんは、他にもいます。

面会の時間を守り、長居はしない。

先程も書きましたが、患者さんには安静が必要な事が多いです。病状の悪化がないようにさっと帰って下さい。

余談ですが、緊急で入院された患者さんのお見舞いに持ってきてはいけないもの

お見舞金

持ってこないで下さい。

動けない患者さんのベッドに置かれても患者さんも困りますし、無くなってしまっては病院側の責任になります。

状況をみて、直接家族に渡して下さい。

f:id:om1-h:20190529014129p:plain

食べ物や飲み物

入院して間もない患者さんは絶飲食であることがほとんどです。

持ってきてもらっても口にすることはできないし、勝手に食べられても病院側も迷惑です。

f:id:om1-h:20190529014348p:plain

生花

今どきはあまり見かけませんが、たまにお花を持ってくる方がいます。

病室には飾るところもないですし、世話もできません。

しかも、感染などを考えると非常にいらないものでしょう。

f:id:om1-h:20190529014609p:plain

まとめ

知り合いや仕事関係の人が入院したと聞いたら、お見舞いに行かなければと思われることもあると思いますが、状況や病態によっては患者さん自身や家族への迷惑につながることもあります。

また、病院側は患者さんの情報も一切話しませんので、面会に来たのに何も聞くことができず帰され嫌な思いもするかもしれません。

もし、入院して面会できないまま亡くなったとしても「なんで面会に来なかったの?」とはなりませんし、生命の危機に面している状況で面会しても、辛い光景だけ見ることにもなりかねません。

患者さんと家族の時間を作ってあげることも大切です。

時間が経って家族に連絡がつくようになったら面会できるかどうか確認して元気な姿を見に来てあげて下さい。

では、また会いましょう\(^o^)/