ナースマンの日常

子育てに奮闘中の男性看護師が集中治療で働く日常を綴ります

タピオカの原材料な何?意外に高かったカロリー数は?

こんにちは、ヒカルです。

f:id:om1-h:20190826110644p:plain

田舎に住んでいる私にとって、縁もゆかりもない飲み物ですが、今だに人気が衰えないタピオカミルクティ

人気のお店で買ったことはないですが、もちろん私も飲んだことくらいはありますよ。

そこで、なぜタピオカが人気なんだろうと思う前に、タピオカって何?と、ふと思ったので、調べてみました。

タピオカミルクティとは

タピオカミルクティは、実は1990年代に第一次タピオカブームになっていました。その後、台湾で2008年に第二次ブームが引き起こり、現在日本で第三次ブームが引き起こってます。

台湾が発祥らしいのですが、台湾ではあまり人気がなかったようです。

そこに、日本がタピオカミルクティに注目してテレビに取り上げたところ日本でとても人気のある飲み物になったようです。

その後、台湾でも人気が出始め、台湾の国民的飲み物になりました。

1990年代にブームになったタピオカが、なぜ再びブームになったのでしょうか?

台湾人気

それは、日本人の台湾への関心が高まり台湾旅行に行く人が増えたことが原因の一つかも知れません。

台湾は食べ物が美味しいイメージがあり、日本からも近いとのことで、海外旅行に簡単に行けてしまいます。旅行代も高くないので2泊3日での旅行で国内並に気軽に行けるようになりました。

そこで、本場のタピオカミルクティが若い人の間で再び人気が出たようです。

SNSとインスタ映え

そして、何よりSNSによる情報の拡散や、インスタグラムによるインスタ映えが日本でのブームになったに違いません。

みなさん流行に乗っかりたいですし、可愛く写真撮りたいですもんね。

タピオカって何?原材料は?

さて、そのタピオカですがモチモチして歯ごたえが良いですが、いったい何でできているのでしょうか?

実は、タピオカはキャッサバという芋のデンプンからできています。

f:id:om1-h:20190826110249p:plain

キャッサバは、熱帯の地域で育つ芋であり、甘みがないサツマイモのような芋です。

熱帯地域にとっては主食になっている国もあります。

タピオカの意外に高いカロリー数

タピオカは芋のデンプンからできています。

ということは、芋のカロリーがそのまま摂取でき、かつ食物繊維がないものになります。

そして、その気になるカロリーですが、タピオカミルクティMサイズで約400Kcalになります。

つまり、ご飯茶碗1杯分、ビール3杯分、ラーメン1杯分などに匹敵するものです。

意外に高いカロリーですね。飲み物として毎日何杯も飲んでいる話をしている女子高生をみると、ゾッとします。

タピオカのカロリーを減らすには

タピオカミルクティを飲み続けていったら確実に太ります。タピオカはカロリーはあるが、栄養素はありません。

なので、カロリーがあるからと言って、ご飯を抜きにしてしまうと栄養バランスが崩れてしまいます。

まずは、毎日飲んでいる人は、毎日飲むことをやめましょう。カロリーだけでなく、ミルクティの糖分を取り続けることも体には良くないですよ。

どうしても、タピオカを飲み続けたいという人は、お店でタピオカを減らせるか聞いてみましょう。タピオカ自体が減れば、カロリーは軽減できます。

あとは業務用のタピオカとスーパーでミルクティを買って、自分で作ることでお金もカロリーも節約できますね。

まとめ

まぁタピオカミルクティのブームに乗り遅れた私ですが、ハマらないで良かったかも知れません。

もし飲んでいたら確実に体重が増え、お金もなくなっていたかも知れないですね。

でも、一度は有名な美味しいタピオカミルクティを飲んでみたいというのが、30歳過ぎたおっさんの本音です。

また、会いましょう\(^o^)/

他にもこんな記事書いてます。

www.hikaru-nuresman.com

www.hikaru-nuresman.com

www.hikaru-nuresman.com